2018年04月19日

お宝見つけた!!

先月、実家を片付けた時・・・
お宝らしきものは何も出てこなかったんですが・・・・一つだけ怪しいのがあったんですよ〜
これ・・・
18041621.JPG
四季花と書いた桐の箱、形状からして掛軸しか入ってないとわかるヤツです。
僕が実家に住んでいた頃にこんなものはみたことなかったのでこれが実家に来たのはそれ以降・・・1981年4月以降ってことなんでしょう〜

18041622.JPG
蓋を開けるとやっぱり掛軸でした。

18041623.JPG
蓋の裏には
「優仙先生の書」って書いてあります。

18041624.JPG
「真筆証明書」ってのが一緒に入っていてこの作品は吉江優仙先生が書いたものでなんちゃら協会の中島清堂とか言う人が41万円の評価額であるということ証明しているみたいなんですよ〜
41万円・・・ちょっと期待したんだけど・・・

18041625.JPG
掛軸を開きますと・・・・

18041626.JPG 18041627.JPG
こんな感じです。
これは箱書の四季の花と関係ないじゃん、それによく見ると

18041622.JPG
掛軸のサイズと箱のサイズが微妙に合ってないのよね〜
それに絵にはらく印もないし〜やっぱり怪しいね〜

それで一応、ヤホーで吉江優仙について調べてみました、確かに絵描さんなんだけど


楽天で調べてみたら吉江優仙作の掛軸が売られてまして・・・どの作品もだいたい送料込みで1万数千円、1千万円じゃないですよ・・・本物でもこの価格、41万円なんて絶対無理、しかも偽物どころじゃなくて別物かもしれないんだから・・・
一気にテンションが下がりました。
posted by ウォリ at 21:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: